お住まいの設備の問題|寿命がある給湯器の交換するタイミングを知っておく

寿命がある給湯器の交換するタイミングを知っておく

メンズ

お住まいの設備の問題

給湯器

故障した時の対処法

日々の生活の中で住んでいる家の設備に問題が起こることは必ずあります。その中でも給湯器は日々の生活に密接していて大事な設備です。お湯が沸かせなくなればお料理やお風呂などに支障をきたします。給湯器に問題が起こった場合は修理と交換の二択になります。取り付けてから早めの期間に問題があった場合は保証期間内であることが多いので修理がおすすめです。保証期間の修理であれば無償で受けられます。給湯器を取り付けてから10年以上の期間がたっていれば交換がおすすめです。長い時間がたっていれば故障箇所以外にも問題を抱えている場合もあります。なので給湯器を交換して新品にしたほうがお得です。また10年以上の時間が経っていれば給湯器自体も廃盤になっている可能性も高いです。その場合も交換しましょう。

修理や交換の流れ

給湯器が故障した場合はまず専門業者に電話しましょう。最初に確認するのが設置状況の確認です。専門業者と確認を取りながら機器をチェックしていきます。その後は設置状況と照らし合わせながら交換か修理を選び、見積もりをします。続いてお金を払います。支払い方法は銀行振込、クレジットカード、分割払いなどです。ガス給湯器の場合の修理金額が7000円から50000円程度、新品に交換する場合は70000円程度が相場になります。ガス風呂給湯器の場合は修理金額が7000円から50000円程度、新品交換なら120000円程度になります。支払いのあとは交換工事が行われます。だいたい時間は半日ほどかかります。そのあとはアフターサービスが受けられます。